電気通信事業におけるサイバー攻撃対策の在り方、第一次取りまとめ(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

電気通信事業におけるサイバー攻撃対策の在り方、第一次取りまとめ(総務省)

総務省は、「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会」による第一次とりまとめが策定されたとして、報告書を公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省は4月4日、「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会」による第一次とりまとめが策定されたとして、報告書を公表した。また、意見募集の結果も公表している。報告書は、研究会における議論や検討を踏まえ、それぞれの課題の解決の方向性について、一定のとりまとめを行ったもの。今後、本報告書を参照し、電気通信事業者において、自主的に適正なサイバー攻撃への対処が行われることを期待するとしている。

報告書では、最近のサイバー攻撃の状況を踏まえ、電気通信事業法における「電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない」ものという「通信の秘密」と「侵す」の意義について基本的な考え方をまとめている。また、これらを踏まえた上で、具体的な検討として「マルウェア配布サイトへのアクセスに対する注意喚起における有効な同意」「マルウェア感染駆除の拡大」「新たなDDoS攻撃であるDNSAmp攻撃の防止」「SMTP認証の情報を悪用したスパムメールへの対処」「サイバー攻撃の未然の防止と被害の拡大防止」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×