iOS 7 の脆弱な乱数発生器で、カーネルのセキュリティが破られるとの主張~研究者曰く、かつて攻撃を緩和していた PRNG は「楽勝で切り崩せる」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

iOS 7 の脆弱な乱数発生器で、カーネルのセキュリティが破られるとの主張~研究者曰く、かつて攻撃を緩和していた PRNG は「楽勝で切り崩せる」(The Register)

国際 TheRegister

i デバイスのセキュリティを改善するための措置として、Apple は iOS 6 と iOS 7 の内部乱数発生器を交換した――しかしセキュリティ研究者たちは、Cupertino(編集部註:Apple)が軽率にセキュリティのレベルを落とした、と考えている。

この問題は Azimuth Security が ここで説明している。また同社の Tarjei Mandt も先週(編集部註:2014 年 3 月第 3 週)、バンクーバーで開催された CanSecWest カンファレンスで、同じ問題について詳述した。

Mandt は、最新のiOS 7 の更新で出荷された early_random()PRNG(疑似乱数発生器)が「驚くほど脆弱である」と語っている。ThreatPost によると、彼はそのカンファレンスで、PRNG について「決定的(決定性アルゴリズム)であり、ブルートフォースを行うのは簡単だ」と話したという
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×