iOS 7 の脆弱な乱数発生器で、カーネルのセキュリティが破られるとの主張~研究者曰く、かつて攻撃を緩和していた PRNG は「楽勝で切り崩せる」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

iOS 7 の脆弱な乱数発生器で、カーネルのセキュリティが破られるとの主張~研究者曰く、かつて攻撃を緩和していた PRNG は「楽勝で切り崩せる」(The Register)

これらのアルゴリズムは、リソースに制限のある環境において機能的であり、統計的に魅力的な特性を持っているものの、いくつかの重大な欠陥をも示しており、またアウトプットを監視できる敵に直面した場合、それは簡単に破綻する。

国際 TheRegister
i デバイスのセキュリティを改善するための措置として、Apple は iOS 6 と iOS 7 の内部乱数発生器を交換した――しかしセキュリティ研究者たちは、Cupertino(編集部註:Apple)が軽率にセキュリティのレベルを落とした、と考えている。

この問題は Azimuth Security が ここで説明している。また同社の Tarjei Mandt も先週(編集部註:2014 年 3 月第 3 週)、バンクーバーで開催された CanSecWest カンファレンスで、同じ問題について詳述した。

Mandt は、最新のiOS 7 の更新で出荷された early_random()PRNG(疑似乱数発生器)が「驚くほど脆弱である」と語っている。ThreatPost によると、彼はそのカンファレンスで、PRNG について「決定的(決定性アルゴリズム)であり、ブルートフォースを行うのは簡単だ」と話したという
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×