Target、4,000 万のクレジットカード情報の盗難に繋がる「ハッカー警告」を無視していた?~緊急事態! 詐欺師が横行する中、スタッフはまごついていたとの報告(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

Target、4,000 万のクレジットカード情報の盗難に繋がる「ハッカー警告」を無視していた?~緊急事態! 詐欺師が横行する中、スタッフはまごついていたとの報告(The Register)

Target のセキュリティスタッフが早く行動していたなら、たとえそれが二度目の警報と同時の行動であったとしても、彼らは「数百万ものクレジットカードの記録をロシアにホストされているサーバへと送るハッカーたち」を妨げることができただろう。

国際 TheRegister
伝えられるところによると、米国チェーン Target のスタッフは、同社のコンピュータセキュリティシステムから幾度も警告を受けており、その警告は上昇傾向にあった。それにも関わらず、彼らは 4,000 万のクレジットカード記録の盗難を防ぐことができなかったという。

Bloomberg Businessweek の主張によると、FireEye のセキュリティの技術は、マルウェアの力によるハッキングを検出していた――だが Target のスタッフは、その警告に従った行動を取ることができなかった。彼らが行動を起こしたのは連邦捜査官による警告が発せられた後で、それは(同社に対する)最初の違反が起こってから約 2 週間後の、11 月末のことだった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×