シグネチャ不要のDDoS攻撃対策アプライアンス4製品を発表(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

シグネチャ不要のDDoS攻撃対策アプライアンス4製品を発表(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、DDoS攻撃対策製品ファミリーを拡充、4つのアプライアンスを新たに投入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は3月18日、DDoS攻撃対策製品ファミリーを拡充し、中規模企業、大規模企業、マネージドサービスプロバイダ(MSP)のデータセンター管理者、システム設計者向けに4つのアプライアンスを新たに投入したと発表した。新たに投入されたアプライアンス4製品は「FortiDDoS-400B」「FortiDDoS-800B」「FortiDDoS-1000B」「FortiDDoS-2000B」で、最近の高度なDDoS攻撃を検出し保護を行うよう設計されている。

シグネチャを必要とせず、100%ふるまいベースという革新的なDDoS攻撃緩和(ミティゲーション)エンジンを搭載していることが最大の特徴。また、DDoS攻撃の検出、ミティゲーションを行う新型のシングルパス カスタムASICも搭載されており、より多くの種類の攻撃の検出が可能となったほか、同様のDDoS攻撃対策製品と比べて10倍の速度を実現した。なお、日本で販売開始は2014年第2四半期を予定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×