TLS に新たな欠陥:被害者になりすますことが可能に~研究者が暴いた、暗号化プロトコルを騙す方法――及び、それを修復する方法(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

TLS に新たな欠陥:被害者になりすますことが可能に~研究者が暴いた、暗号化プロトコルを騙す方法――及び、それを修復する方法(The Register)

「短期的な策として、我々はアプリケーションレベルでの緩和策も提案するが、(長期的に)目指しているのはプロトコルの修復である。それが根本的な問題の解決となるだろう」

国際 TheRegister
オンラインバンキングやオンラインショッピング、その他の慎重を要する接続を暗号化し、盗聴を阻止するために利用されている暗号化プロトコル TLS に対する新しいマンインザミドル攻撃を、セキュリティ研究者たちが開発した。

この「Triple Handshake」と呼ばれる攻撃は、特定の条件下において、「安全性の高い接続方法でサーバに接続するユーザー」の身元を確かめるのに不可欠な確認作業の裏をかくことができる。

言い換えるなら、悪質なシステムがユーザーのログイン認証情報(この場合はクライアント証明書)を傍受することにより、それと同じ認証情報を許可するあらゆるサーバで犠牲者になりすますことが可能となる。

この新たな欠陥は、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)のセキュリティ研究者たちによって発見されたもので、この業界にいる彼らがこれまでの仕事から描き出したものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×