TLS に新たな欠陥:被害者になりすますことが可能に~研究者が暴いた、暗号化プロトコルを騙す方法――及び、それを修復する方法(The Register) | ScanNetSecurity
2024.03.04(月)

TLS に新たな欠陥:被害者になりすますことが可能に~研究者が暴いた、暗号化プロトコルを騙す方法――及び、それを修復する方法(The Register)

「短期的な策として、我々はアプリケーションレベルでの緩和策も提案するが、(長期的に)目指しているのはプロトコルの修復である。それが根本的な問題の解決となるだろう」

国際 TheRegister
オンラインバンキングやオンラインショッピング、その他の慎重を要する接続を暗号化し、盗聴を阻止するために利用されている暗号化プロトコル TLS に対する新しいマンインザミドル攻撃を、セキュリティ研究者たちが開発した。

この「Triple Handshake」と呼ばれる攻撃は、特定の条件下において、「安全性の高い接続方法でサーバに接続するユーザー」の身元を確かめるのに不可欠な確認作業の裏をかくことができる。

言い換えるなら、悪質なシステムがユーザーのログイン認証情報(この場合はクライアント証明書)を傍受することにより、それと同じ認証情報を許可するあらゆるサーバで犠牲者になりすますことが可能となる。

この新たな欠陥は、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)のセキュリティ研究者たちによって発見されたもので、この業界にいる彼らがこれまでの仕事から描き出したものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×