Microsoft がソースコードのチェックのための「透明性センター」を設立~各国政府はレドモンドのスカートの中を覗くため、ブリュッセルに招かれる(The Register) | ScanNetSecurity
2020.12.03(木)

Microsoft がソースコードのチェックのための「透明性センター」を設立~各国政府はレドモンドのスカートの中を覗くため、ブリュッセルに招かれる(The Register)

それは政府関係者にとって相応しいことなのか? それとも、表向きでは侵害されていないコードを自信満々に宣伝しながら、「なにか面白いもの」を隠すことができる Microsoft にとって相応しいのか?

国際 TheRegister
Microsoft が「transparency centres(直訳:透明性センター)」を世界中に設立すると発表した。それは(各国の)政府機関がソースコードをチェックし、そこにバックドアが含まれていないということを確信するためのものである。

先週(編集部註:2014 年 2 月第 1 週)に開催された Munich Security Conference の発表で、Microsoft のセキュリティ副代表 Matt Thomlinson が語ったところによると、そのセンターは「…政府関係者に、我々のソースコードを確認する能力を以前に増して提供する」ものであり、また「我々のソースコードを確認する能力を与え、それらの完全性と、そこにバックドアがないことを政府関係者に確認させる、我々の長年のプログラム」を進めるという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×