意図せず導入されるソフトウェアとその動きの把握を(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.25(月)

意図せず導入されるソフトウェアとその動きの把握を(ラック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社ラックは2月5日、セキュリティ啓発情報「意図せず導入されるソフトウェア ~その存在と動き。把握していますか?~」を公開した。本コンテンツは情報セキュリティ月間を受け、日頃から知っておくべき重要な情報を随時提供していくために新設したもの。意図せず導入されるソフトウェアと、そのソフトがどういう動きをしているのかを把握しているか問いかけている。

昨年末に話題になった「Baidu IME」や「Simeji」のクラウド入力という機能が、日本語変換の入力内容をメーカーに送信していた問題では、意図せずにこの製品が導入されていて、一連の報道で初めて使用していたことを知ったケースが多く見受けられたという。PCの購入時から導入されているケースや他のソフトウェアに添付されていたケースも多く、どのような機能を持つのかも把握できない状況となっている。機能を無料で提供する対価としてユーザの情報を吸い上げることを許諾書に記載している場合もあるが、ほとんどのユーザがそれを読まないという現状もある。

さらに、同社の情報漏えいチェックサービスによるユーザのネットワーク調査の一環で見つけた事例では、ユーザのブラウザに導入されていたプラグインが大量にPOST通信を発生させていた。あるブラウザプラグインでは、複数の種類の「Webアクセスの履歴」を外部サーバに送信していた。これを機に、自分が使用している(システム管理者においては、組織内で使用されている)ソフトウェアがどのような機能を持っているかを確認してみるよう提案している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  6. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  7. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×