電話がかかりにくい場合でも声での安否確認が可能、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を1月29日より開始(TCA、NTTドコモ他) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

電話がかかりにくい場合でも声での安否確認が可能、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を1月29日より開始(TCA、NTTドコモ他)

 電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムは1月27日、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を1月29日より開始することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムは1月27日、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を1月29日より開始することを発表した。

 「災害用音声お届けサービス」は、大規模災害発生時などに電話がつながりにくくなった場合に、音声通信に代わって、パケット通信により音声メッセージを送付する災害時専用サービス。音声通信が混み合って電話がかかりにくい場合であっても、声での安否確認が可能となる見込み。

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルは、2013年4月1日より相互利用を開始していたが、今回新たに、イー・アクセス、ウィルコムを含む相互利用を開始する。これにより、携帯電話・PHS事業者6社間で音声メッセージを送付できるようになる。

 今後、毎月1日・15日と「防災週間 (8月30日~9月5日)」「防災とボランティア週間 (1月15日~1月21日)」および「正月三が日 (1月1日12:00~1月3日24:00)」に体験サービスが提供される予定。

「災害用音声お届けサービス」相互利用、イー・アクセスとウィルコムも可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×