「ハリウッド映画のようなハッキング」が現実に--2014年、8つの予測(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

「ハリウッド映画のようなハッキング」が現実に--2014年、8つの予測(ウォッチガード)

ウォッチガードは、「2014年のセキュリティ動向予測:今後のサイバー攻撃から保護するために」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は、「2014年のセキュリティ動向予測:今後のサイバー攻撃から保護するために」を発表した。これは同社が毎年年末に、翌年のセキュリティの動向や主な脅威を予測しているもの。今回は8つのトピックスを発表した。1つ目は「米国の医療保険の主要サイトへの攻撃」として、米国のHealthCare.govサイトが2014年少なくとも1度は攻撃されることになると予測している。

2つ目には、「金銭を目的とするランサムウェア型のサイバー攻撃の増加」を挙げた。3つ目は、国家主導の攻撃によって最重要インフラストラクチャの脆弱性が攻撃され「ハリウッド映画のようなハッキング」が現実になるとしている。以下「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)への攻撃」「2014 年、セキュリティの可視化の年に」「トラストチェーンのハッキングによる重要な標的への攻撃」「さらに卑劣になるマルウェア」「ネットワーク攻撃が心理戦に」を挙げた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×