IT管理者の約半数が「XPサポート終了後も業務に利用」(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

IT管理者の約半数が「XPサポート終了後も業務に利用」(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、Windows XPのセキュリティに関する企業ユーザ意識調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
トレンドマイクロ株式会社は1月14日、Windows XPのセキュリティに関する企業ユーザ意識調査の結果を発表した。本調査は2013年12月12日から13日、企業のIT管理者515名を対象に、インターネット調査により実施したもの。調査結果によると、半数以上(53.8%)のIT管理者が「勤務先の業務用PCでWindows XPを使用している」と回答した。そのうち約半数(47.7%)の回答者が、「マイクロソフトの延長サポートが終了する2014年4月以降も業務用端末として利用する」と回答した。さらにそのうち約2割は、「そもそも移行する予定がない」ことが分かった。

Windows XPを使い続けている理由には、「時間の関係で移行しきれない(43.0%)」「Windows XPでないと動かない業務アプリケーションがある(42.6%)」「移行のためのコストがかかる(37.5%)」などが挙げられた。Windows XPの延長サポート終了を見据えたセキュリティ対策については、ウイルス対策ソフトについては「導入済み」が63.9%、「検討中」が12.6%となり、検討中を含めると7割以上が対策していた。一方、脆弱性対策製品は「導入済み」が27.8%、「検討中」が21.7%となり、サポート切れOSに対し、脆弱性対策の観点からの対策は浸透していないことが浮き彫りとなっている。

トレンドマイクロでは、サポートが終了したOSは修正プログラムの配布が行われず、脆弱性を利用した攻撃のリスクが残り続けるため、速やかにOSのアップデートを行うことを推奨している。すぐに新しいOSへの移行が難しく、やむを得ず使用し続ける場合は、セキュリティ対策が十分かどうか再点検することが必要。さらに、OSのサポート終了とともに、ウイルス対策ソフトのサポートが終了となる可能性もあるため、使用しているソフトのサポート終了期間について確認することを勧めている。また、OSやアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を防ぐ脆弱性対策製品を導入して、対策を行うことも有効としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×