検診受診者の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明(国立がん研究センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

検診受診者の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明(国立がん研究センター)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

独立行政法人国立がん研究センターは12月24日、がん予防・検診研究センター検診部において、検診受診者の個人情報を含む情報を記録したUSBメモリが所在不明であることが12月19日に判明したと発表した。同センターおよび同じ敷地内にある中央病院などを鋭意捜索にあたっているが、現時点でもUSBメモリの発見には至っていないという。

所在不明となっているUSBメモリには、2004年2月から2009年1月までにがん予防・検診研究センターにて検診を受診した9,126名分の受診ID・氏名(カタカナで記録)・性別・年齢(検診受診時)・検診判定結果・がんの有無・がんと診断された場合の病理診断・がんの大きさ・病期・紹介先医療機関名が記録されていた。なお、漢字氏名、生年月日、住所、電話番号は含まれていない。また当該USBメモリは、がん予防・検診研究センターで検診を担当する診療放射線技師が、検診情報を整理するため検診用電子カルテを見ながら必要情報を手入力によりリストとして転記したものであることが判明している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×