NSA は RSA の暗号へバックドアを仕掛けるのにいくら払った?――まずは 1,000 万ドルで~Snowden の最新の主張「現金と引き換えに、欠陥のある暗号技術がデフォルトで使われるようになった」(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

NSA は RSA の暗号へバックドアを仕掛けるのにいくら払った?――まずは 1,000 万ドルで~Snowden の最新の主張「現金と引き換えに、欠陥のある暗号技術がデフォルトで使われるようになった」(The Register)

RSA の技術をベースとした暗号の中に NSA の構築したバックドアが存在しているということが、Snowden の暴露した文書によって今年の初めに確認されるまでの間、セキュリティ専門家たちの多くは、そのような懸念を抱いていた。

国際
なぜ RSA は、いくつかの同社の暗号化製品の中で、欠陥のあるアルゴリズム(NSA が擁護しているもの)をデフォルトの乱数発生器として利用したのかという謎が解けたらしい。これが真実なら、その答えは全く陳腐だ:NSA が金を支払ったからである。

内部告発者 Edward Snowden が新たに暴露した文書によると、NSA が支持している Dual Elliptic Curve Deterministic Random Bit Generator(Dual EC DRBG)を「RSA にとって好ましい乱数アルゴリズム」にすることと引き換えに、RSA は NSA から 1,000 万ドル(編集部註:約 10 億円)を受け取っていた、とロイター通信は報告した

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

国際ニュース

米国盗聴法

エドワード・スノーデン

国際 アクセスランキング

  1. CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア

    CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア

  2. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  3. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

    訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  4. 範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×