スマホ向け標的型攻撃、歩きスマホなど2013年のスマホ五大ニュース発表(JSSEC) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

スマホ向け標的型攻撃、歩きスマホなど2013年のスマホ五大ニュース発表(JSSEC)

JSSECは、「2013年スマホ五大ニュース」を選出したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は12月25日、「2013年スマホ五大ニュース」を選出したと発表した。これは、2013年のスマートデバイスに関するトピックスをJSSECの利用部会、技術部会、PR部会、啓発事業部会よりニュース候補を募集し、その中から選出したもので、募集のあった27候補より安田会長を含む約20名により厳選な投票のうえ決定した。

2013年のスマホ五大ニュースは、1位にはスマートフォンのプライバシーに関する多大な貢献をした「スマートフォン プライバシー イニシアティブII」、2位には昨年に発表されたスマートフォンを狙った標的型攻撃が現実のものとなった「スマートフォンを狙った標的型攻撃が現実の脅威に」、3位にはテレビ番組でシニア層向けのスマートフォン使い方番組が始まった「シニア層に対するスマホ訴求が激しくなる」、4位にはながらスマホの危険性を告知する鉄道各社がキャンペーンを開始した「トラブル続出!歩きスマホ族の横行」、5位にはApple IDを狙ったフィッシング詐欺が急増した「iOSでも起こるヒヤリ・ハット」が、それぞれ選ばれた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×