ITやビジネス課題のトップはセキュリティ--2014年のITトレンド予測(CA Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ITやビジネス課題のトップはセキュリティ--2014年のITトレンド予測(CA Technologies)

脆弱性と脅威 脅威動向

CA Technologiesは12月12日、米CA Technologiesによる「2014年のITトレンド予測トップ5」を発表した。米CA TechnologiesのCTOであるジョン・マイケルセン氏は、「2014年は、ITがビジネスとITサービスをより密接に結びつけていく年になる。今後、ITは信頼できるアドバイザーやサービス・ブローカーの役割を果たすことになる」と述べている。2014年のITトレンド予測トップ5は、「ITスキル格差の深刻化」「ITの『アプリ重視』が、APIの必要性を高める」「顧客体験中心のサービス」「デリバリの迅速化に対する要求」「ITやビジネス課題のトップはセキュリティ」を挙げた。

このうち「ITやビジネス課題のトップはセキュリティ」では、モバイルやソーシャル、DevOpsやクラウドの普及は、新たなビジネス・リスクの始まりでもある。急速に拡大し、協働を促すオープンな環境により、ITをコントロールすることが難しくなり、CIOやCSOはビジネスの成長と保護を絶妙なバランスで両立させなくてはならないとした上で、ITは将来起こりうるサイバー攻撃に対して「予測、予防、準備」を組み合わせることによって、ビジネスを成長させることと保護することのバランスを取ることができるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×