2013年度第2四半期の電気通信サービスの契約数およびシェアに関するデータを公表、ドコモがシェアを落とす(総務省) | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

2013年度第2四半期の電気通信サービスの契約数およびシェアに関するデータを公表、ドコモがシェアを落とす(総務省)

 総務省は12月13日、電気通信サービスの契約数およびシェアに関する四半期データを公表した。電気通信事業者からの報告等に基づき、2013年度第2四半期(9月末)のデータをとりまとめたものとなっている。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 総務省は12月13日、電気通信サービスの契約数およびシェアに関する四半期データを公表した。電気通信事業者からの報告等に基づき、2013年度第2四半期(9月末)のデータをとりまとめたものとなっている。

 それによると、携帯電話・PHS・BWAの総契約数は1億5,097万で、前期比+1.6%、前年同期比+7.5%となった。このうち、携帯電話の契約数は1億3,930万(前期比+1.2%、前年同期比+5.8%)、PHSの契約数は531万(前期比+2.1%、前年同期比+10.3%)、BWAは637万(前期比+10.4%、前年同期比+58.7%)となっており、PHSとBWAの健闘が目立った。

 事業者シェアについては、NTTドコモが40.9%(前期比▲0.6ポイント、前年同期比▲2.4ポイント)、KDDIが25.9%(前期比±0ポイント、前年同期比+0.2ポイント)、ソフトバンクモバイルが22.6%(前期比+0.2ポイント、前年同期比+0.9ポイント)となり、ドコモがシェアを落とした。

 固定系ブロードバンドサービスの総契約数は3,561万(前期比+0.3%、前年同期比+1.1%)。そのうちFTTHの契約数は2,463万(前期比+1.4%、前年同期比+6.2%)だった。

 事業者シェアについては、NTT東西が71.7%(前期比▲0.4ポイント、前年同期比▲1.6ポイント)、KDDIが12.0%(前期比+0.2ポイント、前年同期比+1.4ポイント)、ケイ・オプティコムが5.8%(前期比、前年同期比ともに±0ポイント)、九州通信ネットワークが1.3%(前期比±0ポイント、前年同期比▲0.1ポイント)、その他電力系事業者が1.8%(前期比、前年同期ともに±0ポイント)となった。

携帯電話シェア、ドコモ40.9%・au25.9%・SoftBank22.6%に……総務省まとめ2013年度第2Q

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×