ローカルのデバイスにデータを格納し暗号化する新しいパスワード管理サービスを公開(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ローカルのデバイスにデータを格納し暗号化する新しいパスワード管理サービスを公開(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エフセキュアは12月10日、ローカルのデバイスにデータを格納し暗号化する新しいパスワード管理サービス「F-Secure Key」を公開した。

 「F-Secure Key」は、パスワード、ユーザー名、およびその他の認証情報を安全に格納するサービス。1つだけ提供されるマスターパスワードで、すべてのサービスを管理可能。データはユーザーのデバイス上に暗号化されて格納される。

 自動的にユーザー名とパスワードをフィールドに入力するため(iOSを除く)、オンラインサービスへのログインが容易となる。またユーザーがオンラインサービス用に新しいアカウントを作成するたびに、F-Secure Keyにより、安全な一意のパスワードを生成可能。リアルタイムのアラートサービスも備わっている。

 対応機種は、Android、Mac、Windows、iOS。1台のデバイスで使用する場合は無償で、複数デバイスでの同期は有償。プレミアム機能(有償、年間14.50ユーロ)では、同社が運営するヨーロッパのセキュリティクラウドを介して、複数機器でパスワードを安全に同期・共有できる。

エフセキュア、個人向けパスワード管理サービス「F-Secure Key」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×