生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを学校内で紛失(大阪市) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを学校内で紛失(大阪市)

大阪市は、同市立中学校の40歳代の男性教諭が、個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪市は11月14日、同市立中学校の40歳代の男性教諭が、個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。これは11月7日17時50分頃、当該教諭が教室でUSBメモリを使用して懇談した後、USBメモリとともに資料やPCなどの荷物を手さげカバンに入れて職員室に戻りった。職員室内で他の教職員と情報交換をしたあと、19時40分頃に荷物の整理をしている際、USBメモリがないことに気づき、他の教職員とともに校内を捜索したが、発見できなかったというもの。

その後も校内の捜索を継続しているが、発見には至っていない。当該USBメモリは外部に持ち出してはいないため、漏えいの可能性は低いと考えられるが、念のために当該教諭は11月11日に警察署に遺失物の届け出をしている。紛失したUSBメモリには、3年生全員(97名分)の成績関係資料(1学期中間テスト、1学期期末テスト、2学期中間テストの点数)、(第1回実力テスト、第2回実力テスト、第3回実力テストの点数)、(1学期の評定)が記録されていた。なお、個人情報に関する文書ファイルにはパスワードを設定しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×