Adobe ユーザーの盗まれたパスワードは悲惨なものだった~約 200 万人の顧客がパスワード「123456」を利用(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

Adobe ユーザーの盗まれたパスワードは悲惨なものだった~約 200 万人の顧客がパスワード「123456」を利用(The Register)

犯罪者がそれらを盗むためにわざわざ侵入する必要はあったのか:「123456」に頼っている 190万人のユーザーがいるのであれば、ただ運に任せたとしても 100 分の 1 以上 の確率でロックを解除することができる。

国際 TheRegister
Adobe の顧客の 190 万人が、パスワードに「123456」の文字列を利用していることを、一人のセキュリティ研究者が明らかにした。同社にとって、そして世界にとって、Adobe のセキュリティ侵害は悪化の一途を辿っている。

問題の研究者は Stricture Group の Jeremi Gosney という人物だ(以前、The Register が彼を「パスワードセキュリティの専門家」と評価したことを、彼は自分のツイッターのプロフィールに記している)。盗難されたパスワードをいくつかのオンラインダンプで発見した Gosney は、どのパスワードが最もアドビの顧客に利用されているのかを調べるための分析を行った。

そのリストは読むに堪えないものだ。トップ 20 は以下の通り…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×