歴史的日付に関連したサイバー攻撃、予測よりも小規模に--技術レポート(IIJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

歴史的日付に関連したサイバー攻撃、予測よりも小規模に--技術レポート(IIJ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月18日、インターネットの基盤技術に関する最新の技術動向や、セキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.21を発行した。今号では、2013年7月から9月までの3カ月間を対象として、IIJが取り扱ったインシデントと対応について紹介するとともに、対象期間中に発生したセキュリティ関連の着目すべき事象について解説している。また、オープンリゾルバ問題、SDNの最新動向と関連製品「OmniSphere」について紹介している。

レポートでは期間内の主要なインシデントとして、Anonymousに代表されるハクティビストによる攻撃活動が継続していることを挙げている。主な攻撃には、米国政府や関連するWebサイトへの攻撃が複数発生し、米議会関係者のメールアドレスとパスワードや米緊急事態管理庁(FEMA)などの情報漏えいが発生した(OpLastResort)。8月には、パキスタンとインドの独立記念日前後でお互いの政府や関連するWebサイトへの攻撃が多く発生。この攻撃では政府関連の外部SNSサービスなどにも攻撃が波及している。9月には、主に南米の各国政府とその関連サイトに対して、それぞれの国のAnonymousによる攻撃が継続して行われた。

同期間は毎年、太平洋戦争の歴史的な日付や、竹島や尖閣諸島などに関連したインシデントが発生している。本年も複数の攻撃が予測されたが、大規模な攻撃は発生しなかった。IIJの観測した攻撃では、9月17日に最大で3Gbps弱のUDP FloodとSYN FloodによるDDoS攻撃を確認しており、これ以外にも、比較的短時間の大規模な攻撃を複数確認している。また9月18日の前後には、DDoS攻撃が平常時よりも多く見られた。しかし攻撃の規模や回数は、前年同期間よりかなり減少している。さらに、IDとパスワードを狙った攻撃と、なりすましによる不正ログイン、DNS Open Resolverの探査の試みや攻撃が引き続き確認された。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×