中国のホテル宿泊客の個人データがインターネットに放たれる~次に中国へ行く際は、たぶん Wi-Fi サービスに登録しないほうがいい(The Register) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

中国のホテル宿泊客の個人データがインターネットに放たれる~次に中国へ行く際は、たぶん Wi-Fi サービスに登録しないほうがいい(The Register)

この業種の企業にとってのベストプラクティスは『こういったデータが悪者の手に渡るリスクを軽減するため、常にできるかぎり少ない顧客情報を収集して保存せよ』とアドバイスされている。セキュリティ違反の恐怖は、そのアドバイスの理由を再び例証するものだ。

国際 TheRegister
中国のホテル利用客の皆さんは、ご用心を――中国の新聞報道の主張によると、大手ホテルチェーンを利用した宿泊客の数千人分の個人情報が、オンラインで漏えいしていた。

その個人情報は e コマースのプラットホーム、Taobao のページ――売り手は 8GB のデータの提供を 2,000 元(203 ポンド、編集部註:約 32,000 円)で申し出ていた――および chakaifang.info と呼ばれるウェブサイト上で発見された。South China Morning Post によると、それらのページは現在、共に閉鎖されている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×