パッチの当てられていない IE のゼロデイの穴へ、ただ攻撃を「注ぎ込む」だけのハッカーたち~「ああ、システム管理者たちよ。我々が恐れていたよりずっと悪いことに」レポートは語る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

パッチの当てられていない IE のゼロデイの穴へ、ただ攻撃を「注ぎ込む」だけのハッカーたち~「ああ、システム管理者たちよ。我々が恐れていたよりずっと悪いことに」レポートは語る(The Register)

「我々が Operation DeputyDog に関する最初の報告をしてから、少なくとも他に 3 つの APT 攻撃(Web2Crew、Taidoor、th3bug と呼ばれている)の活動が、それぞれの目標に対して独自のペイロードを送り込むために、同じエクスプロイトを利用してきた」

国際 TheRegister
Internet Explorer に影響を与えているパッチ未提供のゼロデイ脆弱性は、研究家たちが予想していたよりも遥かに広い範囲からの攻撃を受けている。

この脆弱性はネットセキュリティ企業の FireEye によって初めて報告されたとおり、先週(編集部註:2013 年 9 月第 4 週)日本のターゲットに対して行われた Operation DeputyDog 攻撃で広く注目されるようになった。

それ以降、Websense、FireEye、そして AlienVault は、それと同じ脆弱性を悪用した更なるマルウェア攻撃を報告してきた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×