間違った意味で使われる言葉の1位は「ハッカー」、「クラッカー」と混同(小学館) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

間違った意味で使われる言葉の1位は「ハッカー」、「クラッカー」と混同(小学館)

 国語辞典『大辞泉』(小学館)の編集部は15日、「間違った意味で使われる言葉」と「言い間違いされる言葉」の、それぞれのランキングを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
国語辞典『大辞典』公式サイト
  • 国語辞典『大辞典』公式サイト
  • 間違った意味で使われる言葉ランキング
  • 言い間違いされる言葉ランキング
 国語辞典『大辞泉』(小学館)の編集部は15日、「間違った意味で使われる言葉」と「言い間違いされる言葉」の、それぞれのランキングを発表した。

 「間違った意味で使われる言葉」の1位は「ハッカー」。「コンピューターに侵入し、不正行為を行う人」という意味で使用されることが多いが、どうやらその意味を持つ言葉「クラッカー」と混同されているよう。「ハッカー」の本来の意味は「コンピューターやインターネットに詳しい人」で、77.4%の人が間違った意味で使っていることがわかった。

 そのほか、「確信犯」や「他力本願」、「破天荒」などの言葉が上位にランクインしている。

 「言い間違いされる言葉」の1位は「間が持たない」。「途切れがちな会話などを、上手くつなげることが出来ない」という意味の言葉だが、本来の言い方は「間が持てない」。68.3%の人が本来とは異なる言い方をしていることがわかった。

 そのほか、「声をあらげる」(本来は『声をあららげる』)や、「押しも押されぬ」(『押しも押されもせぬ』)、「熱にうなされる」(『熱に浮かされる』)などの言葉がランクインしている。

「ハッカー」の本当の意味は? 間違った意味で使われる言葉ランキング

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

    1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

  2. 57%「ISMSを知らない」アンケート調査結果(ISMS-AC)

    57%「ISMSを知らない」アンケート調査結果(ISMS-AC)

  3. サイバー犯罪損失額が世界で63兆円、ロシア 北朝鮮が銀行を標的に(マカフィー)

    サイバー犯罪損失額が世界で63兆円、ロシア 北朝鮮が銀行を標的に(マカフィー)

  4. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  5. PマークやISMSを取得しているなら約七割が委託先のセキュリティチェックを省略

  6. アクセンチュアの2020年脅威レポート公表、組織犯罪グループの手口紹介

  7. 国際標準も参照、日本の「セキュリティ対応組織の教科書」が X.1060 逆輸入し全面改訂第 3 版

  8. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  9. 2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

  10. ISOG-J「脆弱性トリアージガイドライン作成の手引き」公開

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×