「ODN」を騙るフィッシングメールを確認、「goo」や「eoWEBメール」と同一犯か(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「ODN」を騙るフィッシングメールを確認、「goo」や「eoWEBメール」と同一犯か(フィッシング対策協議会)

 フィッシング対策協議会は10月3日、「ODN」(Webメールサービス)を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起する文章を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 フィッシング対策協議会は10月3日、「ODN」(Webメールサービス)を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起する文章を公開した。

 10月3日17時時点で、フィッシングサイトは稼働中で、同協議会ではJPCERT/CCに閉鎖のための調査を依頼したとのこと。

 メール件名は「ODN TEAM」となっており、「我々は現在、アカウントメンテナンスに取り組んでいます」といった文章でアカウント更新を要請することで、「http://www.bmcc.●●●●.my/wp-content/pageflip/upload/odn/ODN.htm」という無関係なサイトに誘導するものとなっている。

 そのほかメール本文中には「これは強制的な尺度である」など、怪しげな日本語が使われている。これらの特徴は、ここ数日報告されている、ポータルサイト「goo」や「eoWEBメール」などに対するサイバー攻撃(フィッシングメール)とまったく同じことから、同一犯とみられる。

「ODN」のWebメールを騙るフィッシングが出現……gooやeoWEBメールへの攻撃と同じ文言

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×