あの NSA が――「市民の自由」を執行する役員を募集中~スペイン異端尋問機関が機会均等局の役員を求めている(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

あの NSA が――「市民の自由」を執行する役員を募集中~スペイン異端尋問機関が機会均等局の役員を求めている(The Register)

この役割に申し込みをする者は、NSA のダブルスピークを解読できるようにするため、電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)の手引きに慣れ親んでおくのが賢明だろう。

国際 TheRegister
悪名高き米国のスパイ機関 NSA が、Civil Liberties & Privacy Officer(直訳:市民の自由とプライバシーのオフィサー)を選任しようとしている。

この「手ごたえのありそうな」役職は内部向けの求人で、すでに極秘のスパイ機関で働いた経験のある人材を対象としている。この役職の「新しい任務」は(求人番号 1039797 で説明されているように)、ひとつの職務権限の下に、現在 NSA に存在している Civil Liberties and Privacy(CL/P)保護プログラムの役割を包括するものだ。

「The NSA Civil Liberties & Privacy Officer (CLPO) は、まったく新しい役割として構想されており…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×