激化する競争の中、淘汰されないMDM製品とは (AXSEED) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

激化する競争の中、淘汰されないMDM製品とは (AXSEED)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社AXEEDは10月3日、都内で「企業でのスマートデバイス活用の現状とMDMの役割」と題した記者発表会を開催した。発表会では、普及を続けるスマートデバイスやグローバルMDM製品市場の最新動向などが、顧客企業の課題を交えて解説された。

複数の調査は国内MDM市場における2012年から2013年までの成長を60%以上と予測し、その後も2015年までは年間30%以上拡大するとしている。市場成長の要因にはスマートデバイスの普及がもたらしたワークスタイルの変化が挙げられ、情報漏えいなどのセキュリティに配慮したデバイスの運用は、企業にとって避けて通れないテーマとなりつつある。

国内のMDM製品も2011年を境に増加しており、セキュリティベンダ、海外MDMベンダ、IT資産管理ベンダ等が相次いで製品を発表、競争が激化している。

こうした中、MDMを利用する企業のニーズは多様化、細分化が進んでいる。現在では単なるデバイスの管理にとどまらず、より堅硬な情報漏えい対策やアプリケーション単位の管理など、細やかな機能が求められている。

一方、同社では2014年を目処に50~60まで膨れ上がった国内MDM製品の淘汰が始まるとも予測しており、顧客ニーズへの迅速な対応が生き残りの鍵を握るとした。同社の製品SPPM2.0も、iOS対応のMAM機能を追加するなどして変化を続けるニーズに対応し、競争を勝ち抜く構えだ。
《麻生裕一》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×