「バンダイナムコIDポータルサイト」に3万4千件の不正ログイン(バンダイナムコゲームス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

「バンダイナムコIDポータルサイト」に3万4千件の不正ログイン(バンダイナムコゲームス)

バンダイナムコゲームスは、同社が運営する会員登録制サイト「バンダイナムコIDポータルサイト」において、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、34,069件の不正ログインが行われたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社バンダイナムコゲームスは9月27日、同社が運営する会員登録制サイト「バンダイナムコIDポータルサイト」において、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、34,069件の不正ログインが行われたことが判明したと発表した。現在は、不正ログインが行われたID・パスワードからのログインができない措置をしており、該当するユーザには同社より個別に連絡のうえ、パスワード再設定を依頼しているという。

これは9月24日、大量のアクセスエラーが発生していることを確認し調査を開始したもの。調査の結果、不正ログイン件数は34,069件(ログイン試行回数は1,003,198回)で、2013年9月23日から9月26日にかけて不正ログインが行われた。参照された可能性のある顧客の個人情報は、顧客のプロフィール情報(【登録必須】バンダイナムコID(主なメールアドレス)、IDのパスワード、性別、生年月日、居住国・地域、【任意登録】ユーザネーム、ニックネーム、サブメールアドレス、PSNのオンラインID)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×