IETF「インターネットの耐 PRISM 化計画」浮上~その提案は「あらゆる形の隠れた傍受の試みに抵抗する、あるいはそれを予防する」ことを望んでいる(The Register) | ScanNetSecurity
2022.10.02(日)

IETF「インターネットの耐 PRISM 化計画」浮上~その提案は「あらゆる形の隠れた傍受の試みに抵抗する、あるいはそれを予防する」ことを望んでいる(The Register)

「ここで対処されるべき懸念は、その対象を特定しない(それが PRISM、NSA、あるいは米国政府や米国の同盟国に支えられていると知られているものであっても、またはそうであると疑われているものであっても)」

国際 TheRegister
インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)が、「耐 PRISM のセキュリティ考察(PRISM-Proof Security Considerations)」という文書を投稿した。それは政府によるプログラム(たとえば密告者 Edward Snowden が「NSA の不気味な道具箱に入ったツールの一つ」として暴露した PRISM による試みのようなもの)の適用を遥かに難しくすることを目指している。

この提案の著者は、たった一人――Comodo Group の Phillip Hallam-Baker― である…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×