標的型メール攻撃を7段階に分類、システム設計に生かせるガイド(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

標的型メール攻撃を7段階に分類、システム設計に生かせるガイド(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは8月29日、近年深刻な問題となっている標的型メール攻撃について、攻撃の全体像や特徴、システム設計による対策手法をまとめた「『標的型メール攻撃』対策に向けたシステム設計ガイド」を公開したと発表した。本ガイドでは、標的型メール攻撃を「計画立案」「攻撃準備」「初期潜入」「基盤構築」「内部侵入・調査」「目的遂行」「再侵入」の7段階に分類し、各段階における攻撃者の狙い、特徴・パターンを踏まえて、10種のシステム設計策を紹介している。

システム設計策は攻撃7段階のなかでも、ネットワーク侵入後の攻撃段階である「基盤構築」「内部侵入・調査」「目的遂行」にフォーカスを当てて、解説している。なお、システム設計による防御においては、実際に攻撃を受けた機関や外部有識者17名の協力を得て、使われた攻撃手口や想定されるシステム攻略パターンに関する知見の提供を受けている。また、本ガイドは「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」の続編という位置づけになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×