モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトの新版(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.06.19(水)

モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトの新版(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア「Trend Micro Mobile Security(TMMS)」の新バージョン9.0を9月3日より受注開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は8月29日、モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア「Trend Micro Mobile Security(TMMS)」の新バージョン9.0を9月3日より受注開始すると発表した。TMMSはスマートフォン、タブレット端末などのモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア。端末内のデータ消去、端末位置検索、カメラやBluetoothの使用制限や、不正アプリの検索や不正なWebサイトへのアクセス防止など、モバイルデバイスの端末管理(MDM)とセキュリティ対策の双方を実現する。

新バージョンでは、電話番号、メールアドレス、端末の位置情報などの重要な情報は社外に持ち出さずに、クラウド上の通信用サーバを経由してデバイスの運用管理が可能となった。これにより、ユーザが独自に通信用サーバを設置したり、通信経路の設定のためファイアウォールの設定変更を何度も行う必要がなくなる。また、同社のクラウド型アプリ評価サービス「Trend Micro Mobile App Reputation(MAR)」と連携したアプリケーションコントロールを実現する。価格は、Trend Micro Mobile Securityスタンダードが3,110円、Trend Micro Mobile Securityアドバンスが6,220円。同社は今後1年間の販売目標を、6億円としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×