デバイス管理リストに表示されない「隠しアプリ」に注意(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

デバイス管理リストに表示されない「隠しアプリ」に注意(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は8月15日、これまでで最も複雑なモバイルマルウェアを確認したと同社ブログで発表している。同社が確認した「Android/Obad.A」は、Bluetoothを利用して他のAndroidデバイスに感染する、攻撃者からのコマンドを受け付けるという特徴のほか、デバイス管理リストに表示されないようにするという特徴を持つマルウェア。

これは、標準的なデバイス管理リストに表示されないというAndroidの脆弱性を悪用している。ただし、セキュリティベンダによるアプリには隠しアプリを検出する機能を持つものもあるとしている。また、脆弱性を利用して隠れようとするマルウェアは短命であり、ソフトウェアの発行者がソフトウェアのバグを修正したり、マルウェア対策アプリが検出、駆除を追加したりすれば対応可能としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×