高知県四万十市で国内の観測史上最高となる41.0度を記録、熱中症などの健康管理に注意を呼びかけ(気象庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

高知県四万十市で国内の観測史上最高となる41.0度を記録、熱中症などの健康管理に注意を呼びかけ(気象庁)

 気象庁によると、高知県四万十市・江川崎で13日13時08分、気温40.0度を観測した。江川崎では、10日に40.7度、11日には40.4度、12日には国内の観測史上で最高となる41.0度を記録しており、4日連続で日最高気温が40度を超えた。

脆弱性と脅威 脅威動向
 気象庁によると、高知県四万十市・江川崎で13日13時08分、気温40.0度を観測した。江川崎では、10日に40.7度、11日には40.4度、12日には国内の観測史上で最高となる41.0度を記録しており、4日連続で日最高気温が40度を超えた。

 また、同庁が13日に発表した全般週間天気予報によると、今後の1週間も、東日本と西日本は、最高気温・最低気温ともに平年より高い日が多く、平年よりかなり高くなる所もある見込みだとして、熱中症などの健康管理に注意を呼びかけている。

高知県江川崎、4日連続40度超え……今後も暑さ続く見込み

《吉川 亮太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×