7月の大雨の影響によるロードサービス救援を実施した件数を公表(JAF) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

7月の大雨の影響によるロードサービス救援を実施した件数を公表(JAF)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

JAF(日本自動車連盟)は、7月の大雨の影響によるロードサービス救援を実施した件数をまとめた。

7月はゲリラ豪雨などが各地で多発し、1か月間で車両が冠水・水没したことによる救援は174件にのぼった。前月と比較すると4.7倍となっており、山口、福岡、東京など、記録的な大雨の影響がみられた。

JAFでは、今後もゲリラ豪雨や台風により道路が冠水することが予想されるため、「大雨・集中豪雨の際はなるべく運転を控える」「地下道、アンダーパスなどは通らない」「クルマの保管場所の状況を確認しておく」など、ドライバーに対して注意を呼び掛けている。

ゲリラ豪雨多発の7月、車両冠水トラブルの救援は全国で174件…JAF発表

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×