セキュリティを危惧するソニー、ICO から命じられた 25 万ポンドの罰金に渋々応じる~同社曰く「セキュリティの機密を漏らしたくないので払います」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

セキュリティを危惧するソニー、ICO から命じられた 25 万ポンドの罰金に渋々応じる~同社曰く「セキュリティの機密を漏らしたくないので払います」(The Register)

国際 TheRegister

2011 年の PlayStation Network の甚大なデータ侵害事件で、情報コミッショナー事務局(Information Commissioner’s Office、以下 ICO)から 25 万ポンド(編集部註:約 3,760 万円)の罰金の支払い命令を下されていたソニーは、渋々ながら申し立てを断念した。

PlayStation Network システムへ侵入したハッカーによって、何百万件もの英国人の個人情報――そこには名前やメールアドレス、アカウントパスワードが含まれていた――を盗まれた日本のエレクトロニクスの巨人は、去る 1 月に、データ保護法を侵害したとして罰金の支払いを命じられていた

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×