ボットネット「Andromeda」の新バージョンが登場間近か(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

ボットネット「Andromeda」の新バージョンが登場間近か(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、新たな改良が加えられたボットネット「Andromeda」を3月上旬に再び確認したと同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は8月1日、新たな改良が加えられたボットネット「Andromeda」を3月上旬に再び確認したと同社ブログで発表した。そして今回、このに大幅な改良が加えられる投稿をアンダーグラウンドフォーラムで確認したという。Andromedaは2011年に初めて報告され、「BlackHole Exploit kit(BHEK)」関連のスパムメールなどが発端となり、キーロガーやSOCKSプロキシ、ルートキットなどを拡散する際に利用されている。

この「Andromeda改良プロジェクト」は当初、失敗に終わるところであった。しかしボットネットの作成者は、公式には引退していないものの、このプロジェクトを引き継ぐ人物を見つけたと思われる。この作成者による投稿によると、「このソフトウェアを引き継ぐ買い手が現れなければサービスは停止される」と説明している。しかし同社は7月、Andromedaが現在改良中あることをを確認した。最新版のリリース日は不明だが、以前のバージョンよりさらに安定して強力なものになり、より多くのプラグインとともにリリースされると予想される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×