ゲリラ雷雨の発生傾向を発表、件数は昨年の約3.5倍となる見通し(ウェザーニューズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

ゲリラ雷雨の発生傾向を発表、件数は昨年の約3.5倍となる見通し(ウェザーニューズ)

脆弱性と脅威 脅威動向

 突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす“ゲリラ雷雨”の発生傾向(7月~9月)をウェザーニューズが発表した。

 “ゲリラ雷雨”は、大気の状態が不安定な時に、地上付近での局地的な加熱や、地上風の収束などによって上昇気流が発生し、そこで積乱雲が急発達することによって発生する。昨年夏は太平洋高気圧が強弱を繰りす中で、勢力が弱まり、寒気が流れ込んだお盆休みの頃にピークを迎えた。

 今年も昨年同様、太平洋高気圧の勢力によって発生回数が増減する見通し。7月上旬は勢力が強く、西日本・東日本で猛烈な暑さが続いたが、一旦高気圧の勢力が弱まり猛暑が落ち着いている現在、“ゲリラ豪雨”の発生数は多くなっている。

 今後は高気圧が強まる予想のため、7月下旬~8月初めにかけて発生しにくくなり、8月上旬~中旬に再び増える見込み。全国的に昨年より多くなる予想で、全国平均では昨年の約3.5倍となる見通しだ。

 同時に、今年も8月下旬~9月前半は高気圧が強まり厳しい残暑となる見込みだ。

夏のゲリラ雷雨、昨年比3.5倍増の見込み……ピークは8月前半 残暑も厳しく

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×