テキサスの 10 代青年、Facebook の暴言コメントで 4 ヶ月の拘置所暮らし~そして彼には、いまだ判決が下っていない(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

テキサスの 10 代青年、Facebook の暴言コメントで 4 ヶ月の拘置所暮らし~そして彼には、いまだ判決が下っていない(The Register)

彼の家族によって準備されたオンライン嘆願書(事件の再考を要求するもの)は、これまで 90,000 件以上の署名を集めている。しかしテキサスの裁判官は現在のところ再考する兆候を示していない。

国際 TheRegister
脅迫に見えるコメントを Facebook へ書き込んだことにより逮捕されたのち、拘置所で 4 か月を過ごしているテキサス州のティーンエイジャーへの関心が高まっている。

現在、サンアントニオ(テキサス)の近くにある Comal County Jail にて、suicide watch(編集部註:自殺をする可能性が高いと判断された囚人が監視される期間)下にある Justin Carter(19 歳)は、オンラインゲーム「League of Legends」のプレイヤー同士の Facebook での討論において、他のプレイヤーから「正気でない」と言われ、それに応じるコメントを書き込み、2 月に逮捕された。

「分かった、俺は正気じゃないんだろ。だったら幼稚園で乱射事件を起こして…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×