Facebook を利用する十代は、自身を無防備に晒して――基本、そのまんま~「若者たちは過剰に共有する」驚くべき調査結果(The Register) | ScanNetSecurity
2022.08.17(水)

Facebook を利用する十代は、自身を無防備に晒して――基本、そのまんま~「若者たちは過剰に共有する」驚くべき調査結果(The Register)

それでも、このサイトはいまも多くの社会関係の構築が行われる場所であり、十代の若者たちは、疎外されないためには Facebook に居続けなければならないと感じている」

国際 TheRegister
「十代の子供たちは以前にも増して、結果への配慮をほとんど持たぬまま、より個人的な情報をソーシャルメディアに渡している」という、さほど意外でもない調査結果が出た。

十代の若者たちは、自身の Facebook のアカウントを利用する際、電話番号や写真、その他の機微データを不注意に漏洩していると Pew Foundation は報告書の中で指摘している。

現在、そこにメールアドレスを掲載する青少年たちの数は 2006 年と比較してほぼ倍となっている。その一方、自らの電話番号をオンラインでも閲覧可能にしている数は 10 倍にも増えたと Pew は語っている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×