内部からの故意の漏えいも防止する、DLPソリューション新版(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

内部からの故意の漏えいも防止する、DLPソリューション新版(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは7月11日、情報漏えい防止(DLP)ソリューションの新バージョン「Symantec Data Loss Prevention 12」の提供を開始したと発表した。新バージョンでは、iOSデバイスに送信されるメールの監視や暗号化されたコンテンツにポリシー違反がないかどうかを評価する機能が追加された。この機能により、BYODポリシーの管理とデバイスに保存されている機密情報のインベントリを作成、デバイスの紛失や盗難による情報漏えいのリスクを可視化できる。なお、個人所有のモバイルデバイスにエージェントやアプリをインストールする必要はない。

また、「Symantec File Share Encryption」によって暗号化されたコンテンツの復号、抽出、解析が可能。Encryption Insightは、ファイルサーバや共有資源に保存されている暗号化ファイルを可視化できる独自の新機能。これにより、以前は調査できなかった機密情報も調査が可能になった。内部関係者の過失による情報漏えい事故を防止できるだけでなく、悪質な内部関係者が検知をすり抜けるために貴重な知的財産を暗号化してから盗み出そうとする試みも特定できる。さらに、「ユーザーリスクの概略」レポート機能では、エンドポイントとネットワークのイベントをユーザ別に組み合わせて、リスクの高い社員について異常な行動パターンを特定できる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×