Atlassian、XML 解析の脆弱性を修復~「第 2 の脆弱性」のレポートは否定(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.17(木)

Atlassian、XML 解析の脆弱性を修復~「第 2 の脆弱性」のレポートは否定(The Register)

「我々は、第 2 の嫌疑のかかった脆弱性(CVE-2013-3926 と指定された脆弱性)の存在を立証できなかった。このレポートの著者は、これまで Atlassian に接触しておらず、この主張の検証を困難にしている」

国際 TheRegister
クラウドプロバイダ Atlassian は、同社のエンタープライズ・シングルサインオン・クラウドサービスについて、セキュリティ研究者が「バックドア」と表現するものを修復しはじめた。

しかし、まだ修復されていない第二の脆弱性が残っているという Command Five の主張に対して、同社は異議を唱えている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×