Androidアプリの脆弱性検査するツールのオンライン販売を開始(SDNA) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

Androidアプリの脆弱性検査するツールのオンライン販売を開始(SDNA)

SDNAは、Androidアプリの脆弱性を検査するツール「Secure Coding Checker」のオンライン販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(SDNA)は7月1日、Androidアプリの脆弱性を検査するツール「Secure Coding Checker」のオンライン販売を同日より開始すると発表した。本ツールは、Androidアプリの本体ファイル(apkファイル)が、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」(コーディングガイド)に従って開発されているかを診断し、アプリに脆弱性が含まれていないかを検査するもの。

本ツールは、JSSECが無償公開しているコーディングガイド最新版の全セクションに対応。検査結果レポートでは、問題のある箇所の指摘に加え、コーディングガイドで参照すべき項目への導線も提示するため、開発者は脆弱性の修正方法を容易に把握し、対処することができる。また、開発者が検査と修正を繰り返し行うことで、セキュアコーディングスキルを高めることも可能。Androidアプリ開発者に広く活用して欲しいという想いから、月額1,000円からという低価格での提供を実現したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×