請負業者が顧客の個人情報を不正にFAX送信(愛知冠婚葬祭互助会) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

請負業者が顧客の個人情報を不正にFAX送信(愛知冠婚葬祭互助会)

愛知冠婚葬祭互助会は、同社の請負業者が顧客の個人情報を不正に漏えいさせる事態が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社愛知冠婚葬祭互助会は6月10日、同社の請負業者が顧客の個人情報を不正に漏えいさせる事態が発生したと発表した。これは5月12日、同社請負業者が顧客の個人情報を第三者へ不正にFAX送信していたことが判明したというもの。同社では請負業者にヒアリングを行い調査しているが、不正にFAX送信された個人情報が誰のものであるかは現時点で特定に至っていないという。

漏えいした個人情報の内容は、故人の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、ペースメーカーの有無、家紋、宗派、寺院名、喪主の氏名、住所、電話番号、故人との間柄、葬儀費用となっている。同社は引き続き調査を進めていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×