個人情報が記録されたノートPC、ケースごと紛失が判明(大阪府) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

個人情報が記録されたノートPC、ケースごと紛失が判明(大阪府)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

大阪府は5月16日、富田林土木事務所において個人情報が記録されたノートPC等を紛失したと発表した。紛失が判明したのは、砂防情報管理システム用のノートPC1台とシステムロック解除用USB端末1個で、これらを収めたケースごと紛失していた。4月12日に担当者が当該PCを使おうとして、保管場所である南河内府民センタービル3階の富田林土木事務所物品倉庫で紛失に気づいたという。

紛失したPCには、土砂災害防止法に基づく基礎調査に伴い開催した「地元説明会実施経過書」(土地所有者2,079名分の氏名や住所、説明会への出席有無が記載)、および砂防指定地台帳のデータ中、約2,100ha分の土地地番および土地所有者の氏名(約600名分)が記録されていた。紛失判明直後、担当グループ員複数名により物品倉庫および執務室内を捜索したが、発見できなかった。同事務所では現在も引き続き捜索しているが、発見できない状況が続いており、富田林警察署に被害届を提出した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×