SAP ユーザーのセキュリティは怠慢で愚鈍で時代遅れ~研究者「2005年からパッチを当てていないシステムもある」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

SAP ユーザーのセキュリティは怠慢で愚鈍で時代遅れ~研究者「2005年からパッチを当てていないシステムもある」(The Register)

SAP システムへの侵入に成功することは、容易に「ビジネスの終わり」を意味するかもしれない、と Polyakov は主張した。

国際 TheRegister
RSA Conference Asia Pacific 2013 で行われた ERPScan の Alexander Polyakov のプレゼンテーションによると、クロスサイトスクリプティング、認証情報チェックの失敗、ディレクトリトラバーサル、SQL インジェクションが、SAP 環境における脆弱性の 4 分の 3 以上を占めているという。

SAP の世界における脆弱性の状況は、ますますセキュリティ研究者たちの注目を集めており――Polyakov によると――、2013 年に発見された脆弱性のうち、およそ 60 %は外部の者によって検出されている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×