「NSA は 2009 年から中国をハッキングしてきた」PRISM の告発者が主張~告発後の Snowden の立場は、香港で急に安全となった様子(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

「NSA は 2009 年から中国をハッキングしてきた」PRISM の告発者が主張~告発後の Snowden の立場は、香港で急に安全となった様子(The Register)

国際 TheRegister

現在、PRISM の告発者 Edward Snowden は「NSA が 2009年以降、中国と香港で何百もの市民をターゲットにハッキングを行っていたことを証明するデータがある」と主張している。

公職者、ビジネスマン、学生、そして Chinese University of Hong Kong も旧英国植民地のターゲットになっていたと、Snowden は South China Morning Post に語った…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×