「NSA は 2009 年から中国をハッキングしてきた」PRISM の告発者が主張~告発後の Snowden の立場は、香港で急に安全となった様子(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

「NSA は 2009 年から中国をハッキングしてきた」PRISM の告発者が主張~告発後の Snowden の立場は、香港で急に安全となった様子(The Register)

この新しい暴露は、「一般市民のインフラを狙って攻撃することはない(敵に対するような攻撃は行わない)と主張しているアメリカ政府の偽善」を明るみに出すものだと Snowden は主張している。

国際 TheRegister
現在、PRISM の告発者 Edward Snowden は「NSA が 2009年以降、中国と香港で何百もの市民をターゲットにハッキングを行っていたことを証明するデータがある」と主張している。

公職者、ビジネスマン、学生、そして Chinese University of Hong Kong も旧英国植民地のターゲットになっていたと、Snowden は South China Morning Post に語った…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×