電子図書館サービス支援で個人端末を使った閲覧も可能に(凸版印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

電子図書館サービス支援で個人端末を使った閲覧も可能に(凸版印刷)

 凸版印刷は、群馬県邑楽郡明和町と連携し、明和町立図書館で6月25日からスタートする電子図書館サービスを支援すると発表した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 凸版印刷は、群馬県邑楽郡明和町と連携し、明和町立図書館で6月25日からスタートする電子図書館サービスを支援すると発表した。

 今回の電子図書館サービスでは、手塚治虫マンガ電子図書館(手塚治虫漫画全集・400巻収蔵)をはじめ、青空文庫、郷土資料や町広報資料などを提供。図書館内、図書館前広場など、図書館の専用無線LANが受信可能な範囲で閲覧することができる。この専用無線LANの範囲内で、図書館が用意したタブレット端末を使って電子書籍を閲覧することができるほか、利用者が持ち込んだタブレット端末やスマートフォンでも閲覧可能。

 同社では今後、明和町立図書館の電子図書館サービスの支援を継続するとともに、他の公共機関向けの電子書籍を活用したトータルソリューション開発を進め、より快適な読書環境の構築を目指していくとしている。

凸版印刷、明和町立図書館の電子図書館サービスを支援……手塚治虫マンガ400冊など個人端末でも

《吉川 亮太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×