大阪市立図書館全24館で、電子書籍サービスを開始…自宅PCからの閲覧も可能に | ScanNetSecurity
2021.07.23(金)

大阪市立図書館全24館で、電子書籍サービスを開始…自宅PCからの閲覧も可能に

 大阪市立図書館が、20日から電子書籍の閲覧・検索サービスを開始する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 大阪市立図書館が、20日から電子書籍の閲覧・検索サービスを開始する。

 同サービスは、情報提供企業の米EBSCO(エブスコ)社の図書館向け電子書籍サービス「eBooks Collection(ECSCOhost)」により、サービス開始時に和図書約350タイトルを提供。また年度内には著作権フリーの英語図書約3500タイトルを追加する予定となっている。和図書は歴史資料や大阪に関する資料、資格取得・ビジネス知識等の本など専門書中心のラインナップ。追加予定の英語図書は、古典の名作等を揃える予定。

 閲覧は無料で、自宅のパソコンおよび、大阪市立図書館全館の多機能OMLISから利用できる。自宅での利用の場合、図書館カードとパスワードの取得が必要で、20日の午前9時以降に大阪市立図書館のサイトから「電子書籍」のロゴをクリックすればアクセスできる。図書館内の多機能OMLISを利用する場合は特にパスワード等は不要で、20日の開館時から利用可能となっている。

大阪市立図書館全24館で、電子書籍サービスを開始……自宅PCからの閲覧も可能に

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×