経済産業省が約5,700名の全職員に「活文 NAVIstaff」を導入(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

経済産業省が約5,700名の全職員に「活文 NAVIstaff」を導入(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、同社の文書情報漏えい防止製品「活文 NAVIstaff」を経済産業省が導入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日立ソリューションズは6月17日、同社の文書情報漏えい防止製品「活文 NAVIstaff」を経済産業省が導入したと発表した。同省は情報セキュリティを確保するため、職員が取り扱う文書を機密性に応じてレベル分けし、閲覧や印刷などのルールを策定して管理している。また、情報漏えいを防止するため、2005年度から機密性の高い文書の印刷や閲覧者を制限するシステムを運用し、利用していた。しかし、セキュリティ設定の操作が簡便とはいえず、利用者も一部職員に限定していた。

そこで同省は、職員の情報管理を一層強化するため、本システムの全職員への拡大とシステムのユ-ザビリティの向上などを備えた閲覧者指定システムの刷新を検討。2013年2月に機密性の高い文書の印刷や閲覧者を制限する閲覧者指定システムとして約5,700名の全職員に対し「活文 NAVIstaff」を導入した。これにより同省は、文書管理のセキュリティ強化とシステムの運用・管理業務の負荷軽減、さらに情報管理の重要性に関する職員の意識向上を実現したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×