【Interop 2013】標的型攻撃から企業・組織を守るために、先手を打つ攻めの防御が必要(マクニカネットワークス、マクニカソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

【Interop 2013】標的型攻撃から企業・組織を守るために、先手を打つ攻めの防御が必要(マクニカネットワークス、マクニカソリューションズ)

 マクニカネットワークス、マクニカソリューションズでは、6月12~14日に千葉市・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」に出展する。クラウドストライク社との業務連携などを紹介する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 マクニカネットワークス、マクニカソリューションズでは、6月12~14日に千葉市・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」に出展する。クラウドストライク社との業務連携などを紹介する。

 マクニカグループは、「Interop Tokyo 2013」での出展方針について、「既存のソリューションでは防ぐことができない標的型攻撃から企業・組織を守るためには、敵を知り、先手を打つ“攻めの防御”が必要だ」と説く。

 ブースでは、FireEye、CrowdStrike(クラウドストライク社)との業務連携をはじめとした、マクニカネットワークスのソリューションを紹介する。

 またビックデータを活用するためのデータ解析製品やストレージ、BYODを支援するSSL-VPNなど、海外のネットワーク・セキュリティ製品を紹介する。

【Interop 2013 Vol.18】“攻めの防御”が必要……マクニカ

《高木啓@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×