「FortiOS 5」に新機能を追加、可視化や標的型攻撃保護を強化(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

「FortiOS 5」に新機能を追加、可視化や標的型攻撃保護を強化(フォーティネット)

フォーティネットは、ネットワークセキュリティ プラットフォーム「FortiGate」の基盤であるオペレーティングシステム「FortiOS 5」に新機能を追加した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は6月11日、同社のネットワークセキュリティ プラットフォーム「FortiGate」の基盤であるオペレーティングシステム「FortiOS 5」に新機能を追加したと発表した。サポート契約が有効なユーザはアップデート可能。今回の機能追加は、「次世代ファイアウォールで企業に必要な次のセキュリティ対策」に答えるものとしている。

新たに追加された機能は、ワンクリックで高速ファイアウォール、NGFW(次世代ファイアウォール)、ATP(高度脅威保護)、Webフィルタリング、UTM(統合脅威管理)など、さまざまなプリセット設定オプションの中から選択できる「セキュリティ設定オプション」、アプリケーション、ユーザ、デバイスに基づいたネットワークの利用状況を、リアルタイムおよびヒストリカルに確認できる「ネットワーク利用状況の見える化」、多面的な持続的標的型攻撃から保護する「強化されたセキュリティツール」などとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×