家庭で食中毒を発生させないための予防三原則とは | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

家庭で食中毒を発生させないための予防三原則とは

脆弱性と脅威 脅威動向

 去る5月14日、気象庁は沖縄県の梅雨入りを発表。その後、九州、四国、中国、近畿、東海地方に続き、5月29日には平年より約10日早く、関東・甲信越地方も梅雨入りした。

 しかしながらここ数日、関東では晴れ模様が続いており、6月4日には岡山県高梁(たかはし)市で33.6度を記録。東京都心でも29.1度を観測し、本格的な真夏日となった。すっかり梅雨明けしたかのような陽気ではあるが、油断してはならない。

 梅雨と夏時期によく見かけるニュースといえば、「食中毒」だろう。食中毒は1年中発生しているが、雨量の増加によって湿度が高くなる梅雨時期は、細菌の増殖が活発になり、食中毒の発生が増える傾向にある。

 実際に、内閣府大臣官房政府広報室が運営する「政府広報オンライン」(最終更新:平成24年6月28日)には、食中毒への注意を呼びかける情報が公開されている。

 同広報室によると、家庭で食中毒を発生させないための予防三原則は、食中毒の原因となる細菌やウイルスを「付けない」、「増やさない」、「やっつける」ことだという。食材を買うところから、家庭での保存、下準備、調理、食事(食べるとき)という各段階で、細菌やウイルスの予防三原則を実践することが大事だとし、注意すべき以下のポイントを発表している。

 1.食材を買うとき
 ●消費期限を確認する。
 ●肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う。
 ●肉や魚などは汁が他の食品に付かないように分けてビニール袋に入れる。
 ●寄り道をしないで、すぐに帰る。

 2.家庭での保存
 ●帰ったら生鮮食品はすぐに冷蔵庫へ保管する。
 ●肉や魚は汁が漏れないように包んで保存する。
 ●冷蔵庫は10度以下、冷凍庫は-15度以下に保つ。

 3.下準備
 ●調理の前に石けんで丁寧に手を洗う。
 ●野菜などの食材を流水できれいに洗う。
 ●生肉や魚は生で食べるものから離す。
 ●生肉や魚、卵を触ったら手を洗う。
 ●生肉や魚を切ったまな板や包丁は必ず洗って熱湯消毒する。
 ●ふきんやタオルは清潔なものに交換。台所は清潔に保つ。

 4.調理
 ●肉や魚は十分に加熱。中心部分の温度が75度で1分間が目安。

 5.食事
 ●食べる前に石けんで手を洗う。
 ●清潔な食器を使う。
 ●作った料理は、長時間、室温に放置しない。
 ●温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べる。

 6.残った食品
 ●作業前に手を洗う。
 ●清潔な容器に保存。
 ●保存して時間が経ちすぎたものは思い切って捨てる。
 ●温め直すときは十分に加熱。

 今年の梅雨と夏を健やかに過ごすためには、日常的な行動に気を付けて、細菌やウイルスを予防する必要がありそうだ。

梅雨と夏は食中毒に要注意! 細菌とウイルスの予防三原則とは?

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

    「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

  2. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  3. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  4. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

  7. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  8. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  9. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  10. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×